器具の見えない矯正治療|メリットや特徴を紹介

虫歯の予防を行なう

虫歯にならないフッ素塗布

歯型

銀座駅の近くでは予防歯科診療を行っている歯科があります。虫歯になって歯がダメになってしまう前に予防しておこうという診療です。一度虫歯になり進行して歯の奥までなってしまえば、削って詰め物をしたり歯を根こそぎ取らなければならなくなります。失ってしまった自分の歯を取り戻すことはできません。入れ歯か差し歯を入れるしかなくなります。予防すれば虫歯になりづらくなるので、年をとっても自分の歯で食事をすることができます。虫歯にならないようにする方法は歯磨きもそうですが、フッ素化合物塗布が効果があります。これは銀座駅の予防歯科を行っている歯医者でしてもらえます。フッ素化合物塗布は虫歯を予防するだけではありません。初期の虫歯を治療する効果があります。虫歯の原因菌が活動するのを抑えることができるからです。フッ素化合物塗布はこれから子どもを産む女性もしたほうがいい予防歯科です。なぜなら、歯周病をかかえた妊婦は早産のリスクが高まるからです。健康な赤ちゃんを産むためにも虫歯にならない歯を維持しておく必要があります。また、妊娠中はこまめに食べることも多く歯磨きか追いつかないこともあります。出産をすれば赤ちゃんのお世話や身体のつらさで歯のことまで手が回らず、虫歯になりやすいです。妊娠前から出産後まで銀座駅周辺の歯科などに行き、3、4カ月に1度はフッ素化合物塗布で予防しておくことが大切です。子どもも虫歯になると痛さで食べ物を噛まずに飲み込み、偏食になったり肥満になったりします。銀座駅の歯科でフッ素化合物塗布をすることは他の病気を防ぐことにつながります。

専門家によるクリーニング

医療器具

歯の大切さは日に日に周知されてきています。そのため、歯科医院に通う人も以前よりも増加傾向にあります。これは大変良いことです。毎日キレイに歯磨きをしているので、自分は歯科に通わなくても大丈夫だと考えている人がいるかもしれません。しかしそういう人こそ、定期検診を受けて欲しいです。そもそも検診にいくとどういうことをするかというと、まず歯磨きのチェックをします。実はだいたいの人はここで指摘を受けます。なぜなら歯をすみずみまで磨くことは、大変難しいことだからです。自分では磨いた気でいても、奥歯や歯と歯の間など磨き残しがある人が多いです。そこで銀座駅にある歯科では一人一人に合った歯磨き指導をしています。人の顔がみんな違うように、人によってお口の中もさまざまです。銀座駅の歯科ではそこの徹底と、衛生士によるクリーニングにも力をいれています。そのクリーニングのことをPMTCといいます。PMTCはプロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニングの略で、日本語では専門家による機械的歯面清掃を意味します。患者さんにはセルフケアではできないところまで、徹底的にクリーニングすることができるという意味です。銀座駅に用事がある方や、銀座駅周辺の方は一度定期健診を受けてみてください。もちろん検診であるため、虫歯や歯周病のチェックも含めてみています。歯は痛みが出てから治療するのでは治療費用も時間もかかるので、早期治療が大切です。

知っておきたい応急処置

医療器具

小さなうちはほとんど自覚症状を感じさせない虫歯トラブルですが、そのまま放置すると、徐々に症状は悪化してしまいます。どこかのタイミングで、強烈な痛みとなって表れるでしょう。銀座駅周辺のエリアには、数多くの歯科が存在しています。しかし状況によっては、すぐに歯科に駆け込めないような場面もあるはずです。どうしても仕事で銀座駅を離れられない場合や、急に予約をお願いできない場合には、まず「辛い痛みだけでもなんとかしたい」という方も多いことでしょう。虫歯の痛みに対する応急処置は、まず「冷やす」ということが挙げられます。頬の上から、痛む部分に保冷剤を当ててください。ズキズキとした痛みが少しだけ治まるように感じられます。また、口の中の汚れが、歯に刺激を与えている可能性もあります。口の中を優しくゆすいでみるのもオススメの方法です。うがい薬には殺菌効果があり、応急処置にも便利に使えます。銀座駅周辺には多くのショップもありますから、素早く購入するのもオススメの方法です。それでもどうにもならないときには、痛み止めを服用しましょう。一時的に痛みを軽減できるはずです。これらの応急処置方法は、あくまでも「痛みを和らげるもの」です。痛みが和らいだからといって、虫歯が良くなっているわけではありません。応急処置をしながらも、素早く受診できる歯科を探してみてください。普段から銀座駅周辺で行動している人は、銀座駅にて歯科を探しておくと便利です。